« 永遠の恋人(w | Main | 生きている,ということ. »

November 05, 2005

今日の空(5th. Nov. 2005)

CIMG1632みのや雅彦というSinger Song Writerに「原風景」というものがある.
彼は北海道の羽幌出身なので彼にとっての原風景というものはやはり北海道の大地,ということになるのだろう.
「海にきています」というフレーズとかを聴いているとなんとなく荒れた日本海なんかがイメージされる,自分の中では.

#歌詞的には「違うだろ!!」と言われそうだけど.

で,自分自身の原風景はやはりこんな景色.ありがちな風景な様だけど,どこか懐かしさを漂わせたこの風景画の様なシーン.
そろそろ晩秋.やわらかい夕陽にはまだ時間がある日差しとほほをなでる緩やかな風,ゆれる花,実った果実,草の匂いや藁を焼く匂い.
春の息吹を感じるシーンもそれはそれでいいのだけど,やはりこの季節のこういう風景が自分自身の原風景だと思う.


|

« 永遠の恋人(w | Main | 生きている,ということ. »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40268/6929438

Listed below are links to weblogs that reference 今日の空(5th. Nov. 2005):

« 永遠の恋人(w | Main | 生きている,ということ. »